INTERVIEW #03

志賀 皓介 志賀 皓介

志賀 皓介

職人歴2年

YNハウジングの
職人になったきっかけは?

前職ではマンションリフォームの現場監督をしていました。ただ、仕事柄はっきりと今日やるタスクがない働き方だったため、「今日の仕事はこれで終わりだ!」という感覚を日々持ちながら仕事をしたいと思い、水廻り職人の道に足を踏み入れました。

もともとこの仕事は稼げるし、一人で仕事をしたいという働き方の希望も叶えられると耳にしていたので、細かく仕事内容は分からないけど思い切って飛び込んでみました。実際に入ってみた感想としては、自分が所属している西東京エリアはいい人ばかりで本当に仕事がしやすいなと思います。

それが今も続けられている理由ですが、逆に仕事は思っていたよりもキツかったですね(笑)

YNハウジングの職人になったきっかけは? YNハウジングの職人になったきっかけは?

職人として働く上で
大切にしていること

「ミスした時こそ、逃げずに対応する」ということは意識しています。人は必ずミスをしたりすることがありますが、そのミスを見て見ぬふりをするか、誠実に対応するかで職人としての器が決まると思います。

小さなミスを見逃すと感覚が麻痺していって、エスカレートしていく可能性もあります。わからないことやミスをしてしまっても、親方や先輩に相談すれば改善点や対応も指導してくれるので、1つ1つ積み重ねていきたいと思っています。

職人として働く上で大切にしていること 職人として働く上で大切にしていること

これまでの印象的な
エピソード

ありきたりかもしれないですが、「ありがとうございます」というお客様からの言葉は素直に嬉しいですね。最近はお客様がいらっしゃる在宅現場にも行かせてもらえるようになってきたので、特にお客様からの言葉をいただく機会が多くなっています。

前職では新築かマンションリフォームの現場がほとんどで、直接お客様からお礼なんて言われたことはありませんでした。その点、この仕事はやりがいを感じながら働けると思います。

職人として
今後目指すこと

「あれ、これハマらないじゃん…」といったイレギュラーな現場もたまにあるのですが、そういった現場もきれいに納められるようになりたいです。

知識がないことと、まだまだ現場の経験を積まないと特殊な納め方にも対応できないので、どんどん自分から仕事をいただいて経験していきたいです。

あとは、職人としてもっと稼いでいきたいです。あまり趣味があるわけでもないので基本は貯金をしていますが、自分の人生を豊かなものにするためにも、さらにお金を稼げる職人にもなりたいですね。

MESSAGE 応募者へメッセージ

応募者へメッセージ 応募者へメッセージ

職人という仕事は一見すると難しそうに思うかもしれませんが、私でもできたのできっと皆さんにもできるはずです。もちろん最初はできないことの方が多いので落ち込むこともあると思います。

しかし、誰しも最初はできないことは当たり前だし、長い目で見た時に続けていればきっとできるようになります。実際にセンスがなくても2~3年くらいちゃんと継続していたら、センスがある人と同じくらいできるようになります。

やる気さえあればきっと一流の職人として自分の手で稼げるようにもなるので、ぜひこの世界に来てみてください。お待ちしています。